法律関連情報

法律は社会秩序を保つために大切な役割

日本国内には沢山の数の法律があります。
日本の社会において秩序を守るためには必要なルールがあります。
社会はその体をなすことができなくなり、それ相応の混乱が生じます。
混乱が生じれば必然的に国家などというものは成り立ちません。
国家が国民に対して、権利や自由を制限するものと言えます。
決まりがなければ、めちゃくちゃになってしまいます。
その秩序を守るためのルールを作るためには人が必要になります。
それは議員です。
国会という名の国家権力です。
もしも、ルール違反をすればその法律を社会に落とし込む国家からペナルティを受けることになりますが、それを裁くのは、裁判所というところです。
これも国家権力です。
憲法理念の具体化であり、それは社会秩序の安定でもあります。
権利や自由が制限されている部分があるかもしれませんが、逆に法律によって私たちの権利や自由が守られていることだってあるわけで、その意味で社会秩序が保たれているので大切な役割と言えるでしょう。