法律関連情報

裁判所が出す判例には法律に準ずる効果がある

裁判所が出した判例は、厳密に言えば法律ではありません。
ですが、実務的には法律に準ずる効果があるとして重宝されています。
基本的には、同じような裁判を起こした場合、過去の判例に沿った結論が出される可能性が高いわけです。
これは、むやみに裁判所が違う判断を繰り返してしまうと、法的な安定性が損なわれてしまうことが原因だと言われています。
法的安定性のために、過去の判例にも一定の法的効果が及ぶようにしているわけです。
ですから、国民は過去の判例を参考にして、実際に裁判をすればどのような結論が出されるのかを推測することができます。
もちろん、全く同じケースでの裁判はないわけですから、いざやってみると違う判断が下されることもあります。
ただ、一応推測はできるということです。
その推測を元にして、裁判をするかしないかの判断も可能になるでしょう。
無駄な裁判を行わないためにも、過去の判例は非常に参考になります。
弁護士も、判例は重要視して、最新の判例をよく調べています。